浜松の不動産仲介の手数料について

浜松で不動産の売買や賃貸を借りるときには仲介が必要になります。これは買主と売主、または貸主と借主の間に立って売買契約や賃貸契約を成立させることです。


一般的に成約をしたときには成功報酬として業者に手数料を支払います。

浜松の仲介不動産についての情報ならこのサイトです。

手数料は宅建業法で上限額が設定されていますが、業者によって値引き交渉も可能です。

浜松で不動産売買や賃貸などを利用するときには手数料が安い方がよいですが、業者の報酬でもあるので出来る範囲での値引き交渉の方がよいです。
値引き交渉は、交渉を考えている業者以外にも他の会社にも相談していることをアピールします。

最近は浜松でも不動産会社によっては仲介手数料が無料になるところも増えています。
なぜ無料にできるかはその仕組みにあります。

業者が1社だと両方の依頼主から手数料をもらえて、これは業界で両手と呼ばれるもので、業者は両方から手数料がもらえるため一番利益が出ます。


業者が2社の場合は、それぞれの依頼主から手数料をもらい片手と呼ばれています。
無料に出来るのは業者が1社で両手の手数料が貰えることが多い場合です。



片方の依頼主から手数料を受け取っているので、もう一つは無料に出来ます。



一般的に比較的仕事の内容が少ない買主や借主に対し無料にして、売主や貸主に対し手数料を貰うことが多いです。浜松の不動産の売却や貸すときには、仲介業者は物件の査定を行い売買価格や賃貸料金の提案、宣伝するための物件の資料作成やネットや広告などで物件の宣伝をします。
また、売主や貸主の状況によって物件販売や賃貸のプラン提案や下見の日程調査、現地案内に契約書の作成に伴う調査、契約書などの書類作成や決済などの対応をしてくれます。