浜松の中区の土地選びは業者から

浜松の中区で土地を探しているときは売買を仲介する業者が欠かせません。

例えばハウスメーカーで新築を建てるときは、メーカーが探すのをサポートしてくれますが工務店や設計事務所だと自分で不動産に行って探すことになります。

最初から浜松の中区の不動産に行って良い土地があるかと質問しても、本気で探しているか判断が難しくよい返事もありません。

希望するところを探してもらうには、予算と地域、家のプランニングまで考えておいてそれを提示できるようにしてから不動産に行ったほうがよいです。

最近の浜松中区の土地のサイトが登場しました。

浜松の中区で自分でよい土地を見つけたときは、不動産屋ではなく大手のハウスメーカーにどこの不動産が管理しているかを質問します。



大手のハウスメーカーに依頼してもよいです。

空き地だと不動産屋が表に流通させずに持っていることが多く、ハウスメーカーを仲介すると営業の担当が色々調査をして交渉をしてくれます。
相場は公示価格と路線図から得られます。

公示価格は毎年1回、3月下旬ごろ国土交通省が発表する評価額で、公正な取引や税金の算出のための目安です。

役所の広報や、ネットからでも簡単に地域の相場を確認出来ます。

路線価は相続税や贈与税などの課税のために、閉じ部の路線ごとに国税局長が決めた単価です。
これも国税庁のホームページから調査が可能で、道路ごとに価格で出ていて買いたいと思うエリアの中で1本道路を挟むだけでも価格が代わり、道路ごとに微妙に地価に差があることが確認出来ます。



ただ、公示価格のおおむね80%が目安の価格なので、実際は0.8で割り戻して相場を確認します。